スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例大祭12、お疲れ様でした。

Category : 同人イベント
火鳥です。


例大祭12お疲れ様


先日の第12回博麗神社例大祭、お疲れ様でした!
今回は初参加の方も多く、昨年よりかなり人数が増えていたそうです。
人波の中、当スペースへお越し頂いた皆様ありがとうございました!

恒例のニコ生でもご紹介しましたが、たくさんのお差し入れも頂きました。
また新刊交換をしてくださったサークル様、スタッフの皆様にも重ねてお礼申し上げます。
とうきびはちゃんと回収しました。
(とうきびって何?さとうきび?ってニコ生で聞かれましたが北海道弁でとうもろこしのことです。)


ちなみに新刊情報はこちら。
新刊のご感想をくださった方ありがとうございます。
今の自分は、自分の口からはあんまり作品を語らないスタイルになりましたが、
人の口から出る感想は昔以上に待ち望んでいますので、励みになります。



さてさて。

まあ拙作についてはこのくらいにしまして、例大祭の他のサークルさんの本をご紹介したいと思います。
山ほどあるんですがとりあえずこのブログでは
二冊!
全年齢と18禁から一冊ずつとプッシュさせてください。




まずこちらの本。シリアスです。
沙田さんの『永啼鳥 愛蔵版』。



永夜異変の昔の昔。
藤原不比等の娘はその晩、「かぐや姫」を見た――。

永遠を願い、永遠を呪い、永遠を手にするまでの「藤原妹紅」の物語。
竹取物語に由来する永夜抄の世界の前日譚を、沙田さんが3年に渡って描かれた労作にして傑作です。
妹紅と輝夜はもちろん、僕はこの作品においては慧音という存在の位置付けがもっとも唸らされた部分で、
原作における慧音と妹紅の関係へ続く見事な解釈だったように思います。

妹紅や永琳を通して浮き彫りになる輝夜の純粋性、少女性も魅力的。
永夜ファンにはぜひ一読していただきたい作品です。

金の箔押しに着物の襲のような遊び紙がカッコイイ愛蔵版ですのでぜひこの機にお手元へ。




で、もう一冊はこちらです。
どスケベです。
このブログには隠さなきゃいけない画像は載せてないけど18歳未満はUターンしてね。
miya9さんの総集編『NEGIDAKUⅢ』。



エロ漫画というとにぎやかなのが多くって、僕も基本的にはバカっぽく明るく、Hなことしてもなんか意外と許されちゃう空気が充満してる世界のほうが罪悪感なく楽しめるんですが、
miya9さんの漫画は、理性の世界、静けさの世界に、ざわざわとさざ波立つエロスがあります。

miya9さん自身コメントで、「パワープレイだけじゃ満足できない諸兄に捧げる本を描きたい」と書かれていますが、
どこか静謐なように感じる世界の正体は、少女の「殻」なのだろうと思います。
少女が自分を保とうとする殻。外側から来る何かを拒絶する殻。
その殻に強度があるからこそ、ひび割れるさま――蛇に呑まれ、すでに逃げられない腹の中で少女達がゆっくり崩れていくさまが、背徳的なエロチシズムを醸し出す。
そういうのが好きな方にぐぐっと推したい一冊でした。個人的にはこあパチェの話がとってもいい!




ここではご紹介しきれませんが、もちろん他にもたくさん素晴らしい作品があります。
twitterで紹介しているのでぜひご覧になっていただきたいと思います。

今回プッシュしたのは2つとも総集、まとめ本でした。
夏は自分も総集編第二弾を出します。
すいません!もう出す出す詐欺はやめます!今度こそきっと!
最後に、ウチの新刊の書店委託のほうも、どうぞよろしくお願いします。



yomei_senden

【書店委託はこちら】
とらのあな様
メロンブックス様

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。